トップページ


私は現役、サラリーマン彼女持ちです。
今は仕事もうまくいき、彼女とも楽しい毎日を過ごしています。

しかし、私は学生時代からモテませんでした。

小学生高学年くらいまでは「女性と付き合う」という概念がありませんでしたので、その時は恋愛というものを良く知りませんでしたが
女の子に興味は強かったです。

しかし中学校に入ってから自分がいかにモテないのかを思い知らされました。

クラスの女子から「臭い」「キモい」と言われた日々

私が中学校の時のあだ名は何だと思いますか??

実は私は「異臭マン」と呼ばれていました。
デブで不細工で腋臭だった私はとにかくクラスの女子ほぼ全員から「クサい」「キモい」と言われ続けてきました。

私が可愛い女の子の後ろを通ると、その女の子が「うわっ!異臭マンくさい!マジキモいから後ろ通らないで!」
とい言われていました。

女子からも男子からも避けられていた私は当然、彼女なんてできるはずもなく、自分にコンプレックスを持ったまま
暗い中学生活、高校生活を送り大学生になりました。

女っ気のない大学生活

大学生活でも相変わらず私は暗い毎日を過ごしていましたが、唯一私が好きなアニメ研究会のサークルに
入り今まで巡り合うことのできなかった共通の趣味の私と似たタイプの友人が初めてできました。

それ故、暗いながらも中学、高校と比較してそれなりに充実した日々を過ごせました。
ただ、唯一心残りなのが女っ気のない大学生活だったこと。

社会人になり、少しずつ焦り始めた

アニメ研究会サークルに入っていたころは、周りがみんな童貞で彼女がいなかった友人ばかりだったので
焦りはなかった。しかし社会人になり、次々結婚していく同期と上司。少しずつ焦ってきた。
焦りだけではなく、「彼女が今までいない」、「女からキモい、クサい」というのを言われた過去がフラッシュバックしてどうしても女性に対して抵抗があり
女性不振に陥っていた。

彼女を作るために少しずつ行動してみた

自分の中で将来的に結婚しなければならなうという焦りと、女の子の手に触れたい、体に触れたい、
一回でいいからヤッてみたい、色んな好奇心に心が満たされていました。

だから自分になりに出会いを作るために旅行はツアーで行ったり、イベントに参加したり、コミュニティに参加したりしました。

しかし、女の子に話しかけることができても苦笑いで避けられていく・・・

例えイベントに参加して、隣の女の子に話かけたとしても、女の子は苦笑いをしながら避けていってしまいます。
「何この人緊張しすぎだし、汗ですぎだし、なんか気持ち悪い!生理的に無理!」と言いたげな顔でササッっと私の前から消え失せてしまいます。

私は「ああ・・・また中学高校時代みたいに女の子に避けられるのか・・・」と思いながら、彼女を作るのを諦めかけていました。

 

ある「出会い」のおかげで女の子と話せるようになったキッカケとは??

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ